前回の記事で
「また明日」とか言って
5日もたってしまてごめんなさいです。
見に来てくださって感謝です。
長文ですのでお時間ある時読んでください。



mikan_16_1204_DSC_1627.jpg
お世話係2号(母)のスリッパ

こーゆーのマジやめてほしい。

遠くから見ると
リバース物に見えて焦る。
(それにしては大量だから。実際はいつもこの半分もない)


猫専門の動物病院さんとの
ツイッターでのやりとりをまとめると

ヒモが腸を閉塞させた場合はレントゲン・バリウム・超音波検査などで判断ができる
内視鏡検査は、まだヒモが胃にある確証がないことがポイント。全身麻酔が必要なため。
バリウム検査は必ずしも異物を発見できるツールではない
CTならうまくいけばわかるかも

最初の2つはわかってたけど
あとの2つは、知らなかった。

他にも相談したり
かかりつけ医に再度聞いたことをまとめると

バリウム検査の捉え方が
医師によって違うんだなという印象。
今の姫の状況で
やる意味がないという人とあるという人。


人間の胃のバリウム検査って
消化管・胃の異物・異変を発見するものって思ってたけど
猫の場合、閉塞箇所を
特定することに使われることがメインなのかも。




mikan_16_1204_DSC_1636.jpg

あのヒモは
ネットで買った商品が梱包されてた
袋なのだけど
同じ商品を再度注文してみた。

商品は返却するつもりで。
ヒモ見たさに。




mikan_16_1204_DSC_1639.jpg

上2本が事件を起こした時の。
下2本が再注文したやつ。

何を知りたかったかというと
対になってるヒモは本当に同じ長さなのか?
(明らかに違ってたら嬉しい)

この袋に使われるヒモは全て同じ長さなのか?
(全然バラバラだったら嬉しい)

答えは…
「どれも喜ばしいほどの誤差はない」
でした。




mikan_16_1204_DSC_1632.jpg

そんなもんだよなあ。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP