mikan_0105_02.jpg
寝ぐせついてますけど

みかん姫は花や葉っぱを片っぱしからガシガシするうえに、
猫にとって有害な植物は700種類以上あるとのことなので、
姫が出入り可能な場所に花を飾るのをあきらめました。

よって、花を飾ることができるのは、お世話係2号(母)の寝室と
トイレになるのですが、
2号の寝室だと1号(私)が見れないので、結果的にトイレに置くことに。

2号は“ばっぱ(=おばあさん)”らしく、花を見るのも育てるのも生けるのも好きなので、
いつも、買ってきた花を花瓶に生けてもらいます。

目新しいもの好きのみかん姫は必ず邪魔をしに行きますが、
今日もその様子(花を生ける2号とみかんのやりとり)が洗面所から聞こえてきました。

「きれいだね〜みかんちゃん
「あっ!こら!なにすんの〜」
「ちょっと(背が)高すぎるかな
「なんで食べんのぉーーー!」
「いいよね、だんだん短くするからね
「やーめーてー」

全て、独り言のようで一人じゃない会話。


mikan_0105_01.jpg


私が幼い頃から動物を飼いたいと言うと必ず「絶対!絶対!絶対!反対」を言い続けてきた2号。
もちろん、今では、姫にデレデレですが、
こんな会話を遠くで聞いていると「良かったね」と言いたくなる、けど、言わない。


mikan_0105_03.jpg

かわいいね〜。あ、でもおでこになんかついてる


mikan_0105_04.jpg

けど、言わない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP