mikan_17_0529_DSC_3352.jpg

設定した時間に
ごはんを出してくれる
自動給餌器。






mikan_17_0529_DSC_3349.jpg

リバースしやすい姫には
一日分を少量ずつ、時間をあけて、
10〜15回に分けて
食べてもらうのですが

お世話係2号(母)なき今、
日中にあげることができないので

どうしても夜にそのツケがきて
結果的にリバース回数が増えていました。

ので
とりあえず買ってみた。







mikan_17_0529_DSC_3356.jpg

お世話係の声が録音できて
時間がくると
その声が聞こえて
ふたが開く仕組み。






mikan_17_0529_DSC_3365.jpg

いろんなタイプがあるようだけど
ごはんを入れるところが
丸洗いできること
回数が多いことが決め手でこれに。

どの機種もそうだけど
レビューは良いも悪いもそれなりにあって。







mikan_17_0529_DSC_3362.jpg

このタイプは
食への探究心が旺盛な子は
フタをこじあけたり
ひっくり返したりで
あっという間に制覇してしまうそう。

姫も子どもの頃だったら
間違いなく秒殺だと思ったけど

今はあの頃ほどではないので
大丈夫かな…(そうあってほしい)

とりあえず
明日からやってみっぺね。


録音された自分の声は
やっぱりキモかった…





スポンサーサイト
mikan_17_0524_DSC_3233.jpg

「なんか調子でないわー」






mikan_17_0524_DSC_3320.jpg

残念感が





mikan_17_0524_DSC_3310.jpg

増してきてて。





mikan_17_0524_DSC_3308.jpg

ぐるりとむける。

ので、





mikan_17_0524_DSC_3326.jpg

新しいの買いましたの。





mikan_17_0524_DSC_3330.jpg

「どれどれ」





mikan_17_0524_DSC_3331.jpg

「どれどれ」





mikan_17_0524_DSC_3332.jpg

「ふむふむ」

合格かな?





mikan_17_0524_DSC_3334.jpg






mikan_17_0524_DSC_3337.jpg

三つ子の魂百まで



mikan_17_0522_DSC_3180.jpg
「なーにー?」






mikan_17_0522_DSC_3176.jpg







mikan_17_0522_DSC_3201.jpg







mikan_17_0522_DSC_3226.jpg
母さん、ごめん







mikan_17_0522_DSC_3254.jpg
かわいいから許されるという、よくある展開






mikan_17_0520_DSC_3285.jpg
ラップ巻いてますよ

月命日。





mikan_17_0520_DSC_3295.jpg
猫にアジサイは毒

写真はボチボチ撮ってましたが

全体的に余裕がなく

久しぶりでスマンです。





mikan_17_0520_DSC_3224.jpg

シャクヤク咲いて
(もらった←感謝)





mikan_17_0520_DSC_3264.jpg
母の好きな青の朝顔植えた

母の日きて
(もらった←感謝)





mikan_17_0520_DSC_3280.jpg
床に寝ないからまだそれほどではない

今日は31度。

明日の予想は34度。





mikan_17_0520_DSC_3267.jpg

↑4〜5日前の深夜1時。

姫がなかなか寝室に来ないので
リビングに行ったら
まったり中。

お尻トントン問題解決?!




mikan_17_0501_DSC_3073.jpg
「5歳よ」

お祝いの花ではなく
母の葬儀時の。





mikan_17_0501_DSC_3071.jpg

アレンジメントはオアシス(緑の吸水スポンジ)から
はずして
水にさしておいたら
まだ大丈夫そう。

洋花にして良かった。

いかにもな仏事じゃないから
優しい色に癒される。





mikan_17_0501_DSC_2956.jpg

私に
「みかんがいるから
 寂しくないでしょ」
と言っていた母ですが





mikan_17_0501_DSC_2793.jpg

自分(母)の具合が悪いと
姫はいつもより
ぺったり&長い時間
くっついていてくれて

「みかんがいるから寂しくないんだ」と
話していました。





mikan_17_0501_DSC_2882.jpg

姫が
子どもすぎず
シニアでもない
今の年齢だったから
なお良かったかなと思います。


動物と暮らすことを
あれほど反対していた母が
5年前、
突然受け入れてくれたのには
当時の本人には気付かない
理由があったのかもです。





mikan_17_0501_DSC_2986.jpg

姫を
会津で保護してくれた方、
須賀川で赤ちゃん姫を大切に育ててくれた方、

誤飲騒動や今回のこと(母の逝去に伴うバタバタ)
一緒に心配してくれたみんな、
どうもありがとうです。




PAGETOP